ベストブレインウェルネスアワード2017ファイナル

目指せ!フィットネスプレナー

いよいよ、BBWのファイナルを迎えました。

といっても私はセミファイナル止まりでしたので、

ファイナリストの12名のプレゼンを見届けるために再度、名古屋へ!

前日最終新幹線に飛び乗り、

名古屋へ着いたのは23時すぎ。

 

翌日は朝から設営準備です!

みんなに会えるのが楽しみです😊

 

準備は着々と進み、あっという間にお昼。

 

スタートは13時です。

 

審査員の方々や、協賛企業の方々、一般観覧のお客様も

続々と会場入りです。

 

そしていよいよ発表が始まりました⭐

 

どのプレゼンもセミファイナルの時とは違い、

更に磨きがかかっています。

途中、泣けるようなプレゼンも😢

どれも素晴らしいものでした。

 

そして結果発表。

各審査員からの特別賞、

そして1〜3位までの発表と続きます。

 

3位は北海道の霜野まさひろさん。

 

2位は私と同じく昨年からの挑戦、

東京の斎藤隼生さん。

 

 

1位は

「脳卒中専門 保険外リハビリ事業と新たな仕事づくりを通じて

みんなを笑顔にするビジネスモデル」

と題した、兵庫県で活動されている生野達也さんでした🎊

脳卒中や脳梗塞の後遺症で苦しんでいる方を助けたい、

という想いが根底に見えるプレゼンでした。

ただ施術するだけでなく、

改善の限界と言われる6ヶ月以降も負担なく

きちんと治療に通いやすくすること、

またその方々の社会復帰の手助けをする事業が

きちんとした計画が練られているプレゼンでした。

 

生野さんの患者さんを救いたい!という気持ちが

バンバン伝わりながらも、ビジネスモデルとして綿密に計画されており

圧倒的な努力が垣間見れました。

 

だからこそ、人の心を動かしたのだと思います。

 

私達の仕事は、直接人と人が触れ合う仕事。

「あなたを助けたい」

「あなたを救いたい」

「あなたの手助けになりたい」

という気持ちが湧き出るからこそ、続けているお仕事です。

 

それを今やれることで、

自分の使命として

人々がいつまでも心身ともに元気でいるために

「命を使う」こと。

そしてそれを一人でも多くの人に伝え、

「変えていけると信じ、願い続けることが大切」と。

今年のBBWで改めて学びました。

 

そして、いまの自分は何をすべきか、

これから何をするべきか。

明日、明後日、一ヶ月後、半年後、1年後、2年後…。

それをずっと考え続け、行動に移すのです。

 

生半可なことではありません。

犠牲にするものもある、捨てるものもある。

その分、それ以上に

私の中に吸収されるもの、得るものがあるはず。

 

私にはいま、

「考えること」「計画をきちんと立てること」

この二つが課題です。

 

たくさんのことを学んだ、BBW。

実らせよう。

タイトルとURLをコピーしました