こつばん、骨盤っていうけど②

からだのこと

昨日の続きです。

 

骨盤を立てることで、

具体的に何がどーなるの??

 

骨盤を寝せてしまうことで、

何がどーなるの??

 

骨盤を立てることによって、

股関節の動きがスムーズになります。

特に外旋(外側に開く動き)の可動域が

広がります。

 

そして膝関節がしっかり伸ばすことができる。

その為、大腿四頭筋に

しっかり力を入れることができます。

 

上体を起こす準備ができるわけです。

 

また、足関節(足首)も伸ばしやすくなるため

脛の筋肉、ふくらはぎの筋肉が

きちんと働きます。

足首の柔軟性が出て、足裏・足指で

 

地面を踏ん張りやすくなるのです💡

 

例えば、バレリーナ。

こちらは、かなり極端な骨盤前傾の姿勢ですが、

わかりやすいと思います。

骨盤が立つ(もしくわ前傾になる)と、

股関節が外旋する→膝とつま先が外を向いていますね。

膝関節がきちんと伸びる

足首がまっすぐに伸びている

 

正にこの状態。

こちらも、骨盤がしっかり立っています。

姿勢が美しいですね😊

 

常にこんなイメージを持ち、

姿勢改善に努めてみて下さい⤴︎

 

【骨盤】を立てるだけで、

いろーんなことが、変わります❗️

詳しくはレッスンの時に❗️

 

タイトルとURLをコピーしました